NISA(少額投資非課税制度)・ジュニアNISA

NISA
(少額投資非課税制度)

NISAとは

2014年1月より導入された投資収益が非課税となる制度です。年間投資金額には120万円という上限がありますが、日本に住む20歳以上のすべての人が利用できます。NISA制度を利用すると、上場株式、公募株式投資信託から得られる普通分配金(配当所得)や運用益(譲渡所得)等にかかる税金が非課税になります。
上手に「NISA」を活用して、将来に備えた資産作りを始めてみませんか?

NISAとは

NISAのポイント

Point01

株式投資信託・上場株式の
譲渡所得・配当所得が
非課税

Point02

対象は日本に住む20歳以上

  • 20歳未満を対象としたジュニアNISAが
    創設されました

Point03

2023年まで、毎年120万
円の非課税投資枠

Point04

それぞれ投資を始めた年から
最長5年間の非課税期間

Point05

非課税投資枠は最大600万円

  • 2016年 改正
  • 各年120万円の非課税口座の枠は、その年にしか使うことができません。
  • 売却後の非課税枠の再利用はできません。
  • 他の口座との損益通算はできません。

NISAの制度概要

NISAの制度概要

NISA口座開設のながれ

NISA口座開設のながれ NISA口座開設のながれ

ジュニアNISA

ジュニアNISAとは

ジュニアNISAは、2016年4月からスタートした未成年者を対象としたNISA制度の愛称で、0歳~19歳までの方が対象になります。1人あたり年間80万円までを上限とし、上場株式、公募株式投資信託から得られる普通分配金(配当所得)や運用益(譲渡所得)等にかかる税金が非課税になります。

ジュニアNISAとは

ジュニアNISAの6つのポイント

Point01

日本に住む
0歳~19歳の未成年者
が対象

Point02

株式・投資信託等の
売却益・分配金が非課税

Point03

非課税投資上限は
毎年80万円まで
(5年間で最大400万円)

Point04

非課税期間は投資した年から
最長5年間

Point05

20歳以上は
自動的にNISA口座
が開設されます

Point06

18歳まで
払出しが制限されます

ジュニアNISAの制度概要

ジュニアNISAの制度概要

ジュニアNISA口座の開設方法

ジュニアNISA口座の開設方法 ジュニアNISA口座の開設方法

NISAとジュニアNISAの違い

NISAとジュニアNISAの比較

NISA ジュニアNISA
対象年齢 日本在住で20歳以上※1 日本在住で0歳~19歳※2
非課税投資上限額(年間) 2016年1月から120万円
(2015年まで100万円)
80万円
非課税対象 株式投資信託、上場株式等
非課税期間 投資した年から最長5年間
投資可能期間 2014年1月~2023年12月 2016年4月~2023年12月
払出制限 払出し自由 18歳までは払出し制限あり※3
運用口座の管理 本人 親権者等
必須提出資料 マイナンバー・基準日時点の住所がわかる住民票等 マイナンバー
金融機関変更可否 できます できません
  • 開設する年の1月1日時点で20歳以上になっている場合
  • 開設する年の1月1日時点で19歳以下である場合
  • その年の3月31日において18歳である年の前年12月31日までの間
  • 一般的な制度の概要を説明したものであり、当行での実際の取扱いとは異なる場合があります。